読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@テク野路ジーロード

配信タグシェアリングシステムpickvyを開発、運営開始。最近は、Googleアナリティクスを研究中

CentOSをUSBメモリを使ってインストールする

今からやります。メモしながらずんずん踊りで進めます。

 

やりたいこと

以下、進め方をメモっておきますね。

  1. CentOSのISOイメージをダウンロードします
    お決まりのウェブサイトから!

    https://www.centos.org/
    今回は、DVD ISOとEverything ISOの二つ。
    なぜ二つ?どっちが良いかわからなかったから、取り敢えず!

  2. USBメモリーを準備
    元々持っていたUSBメモリ16GBを手元に準備
  3. USBメモリCentOS ISOを組込むためのツールを調達
    以下二つが手順としては参考になるかも。

    CentOS7サーバー構築 【第2回】インストール用USB作成編 | tsuto.net

    素人がその辺にころがっていたパソコンにUSBを使ってLinuxを入れる話。 - Qiita
    ツールとしては、上記二つで紹介されていた以下二つのどれかを使うか

    UNetbootin - Homepage and Downloads

    liveusb-creator

  4. と思ったけど、やっぱり伝統の「dd」コマンドでインストール用USBを
    作成するのが一番安心かなと思った

    2.2. インストール USB の作成

  5. USBメモリをさしてから、dmesgコマンドを実行
    私の場合は以下と表示された
    [ 4386.476844] sd 8:0:0:0: [sdc] Attached SCSI removable disk

    次に、findmnt /dev/sdc を実行して、反応が無いことを確認

    いよいよ、USBメモリに燒く!
    dd if=/root/CentOS-7-x86_64-DVD-1511.is of=/dev/sdc bs=512k

    但し、これだけだと、進捗がわからないので、以下のコマンドで
    60秒毎にどれぐらい書き込んだかを確認する
    watch -n 60 pkill -USR1 dd